真の父と共に、真の母がいなければならない。


原理講論
キリスト論
第四節 重生論と三位一体論
(一)重生論

(1) 重生の使命から見たイエスと聖霊

イエスは、自分を訪ねてきたユダヤ人の官吏ニコデモに、
新たに生まれなければ、神の国を見ることはできないと言われた(ヨハネ三・3)。
重生とは二度生まれるという意味である。
では、人間はなぜ新たに生まれなければならないのであろうか。
我々はここで、堕落人間が重生しなければならない理由について調べてみることにしよう。

アダムとエバが創造理想を完成して、人類の真の父母となったならば、
彼らから生まれた子女たちは原罪がない善の子女となり、地上天国をつくったであろう。
しかし、彼らは堕落して人類の悪の父母となったので、悪の子女を生み殖やして、地上地獄をつくることになったのである。
したがって、イエスが、ニコデモに言われたみ言どおり、堕落した人間は原罪がない子女として新たに生まれ直さなければ、
神の国を見ることができないのである。

我々を生んでくださるのは、父母でなければならない。
それでは、堕落した我々を原罪がない子女として生んで、神の国に入らせてくださる善の父母は、いったいどなたなのであろうか。

原罪のある悪の父母が、原罪のない善の子女を生むことはできない。 

したがって、 この善の父母が、堕落人間たちの中にいるはずはない。それゆえに、善の父母は、天から降臨されなければならないのであるが 、そのために来られた方こそがイエスであった。

彼は堕落した子女を、原罪のない善の子女として新しく生み直し、地上天国をつくるその目的のために真の父として来られた方であった。
・・・・・・・・・・
ところで、父は一人でどうして子女を生むことができるだろうか。
堕落した子女を、善の子女として、新たに生み直してくださるためには、真の父と共に、真の母がいなければならない。
 


罪悪の子女たちを新たに生んでくださるために、真の母として来られた方が、まさしく聖霊である。
ゆえに、イエスはニコデモに、聖霊によって新たに生まれなければ、神の国に入ることができない(ヨハネ三・5)と言われたのである。
・・・・・・・
(3)イエスと聖霊による霊的重生

父母の愛がなくては、新たな命が生まれることはできない。


(二)三位一体論
・・・・・・・
しかし、アダムとエバが堕落して、サタンを中心として四位基台を造成したので、
サタンを中心とする三位一体となってしまった。
ゆえに彼らの子孫もやはり、サタンを中心として三位一体を形成して、堕落した人間社会をつくってしまったのである。

それゆえ、神はイエスと聖霊を、後のアダムと後のエバとして立て、人類の真の父母として立たしめることにより、
堕落人間を重生させて、彼らもまた、神を中心とする三位一体をなすようにしなければならないのである。
しかし、イエスと聖霊とは、神を中心とする霊的な三位一体をつくることによって、霊的真の父母の使命を果たしただけで終わった。

したがって、イエスと聖霊は霊的重生の使命だけをなさっているので、信徒たちも、やはり、霊的な三位一体としてのみ復帰され、いまだ、霊的子女の立場にとどまっているのである。

ゆえに、イエスは自ら神を中心とする実体的な三位一体をつくり、霊肉共に真の父母となることによって、
堕落人間を霊肉共に重生させ、彼らによって原罪を清算させて、
神を中心とする実体的な三位一体をつくらせるために再臨されるのである。

このようにして、堕落人間が神を中心として創造本然の四位基台を造成すれば、
そのとき初めて、神の三大祝福を完成した地上天国が復帰されるのである。




「メシアは真の父母です」 (8大教材教本天聖経192ページ)

「メシアとは誰でしょうか。『真の父母』です。」
(真の御父母様の生涯路程4 第4章 真の父母の聖婚と第一次7年路程)


「メシアは何であるかと言うと、『真の父母』のことです。」

(愛天日1984年5月20日)

「メシアは『真の父母』である」(8大教材教本天聖経191ページ)


個人的なメシアでは 世界を救うことはできません。
世界を救おうとすれば、家庭的なメシアにならなければなりません。


メシアは父母であって 個人ではない 1993年1月10日

メシアというのは、真の父母のことです。 真の父母とは、完全な人間であるということです。

「メシアは真の父母として来なければなりません。」
  (8大教材教本天聖経176~177ページ)

メシア思想の核心は・・真の父母の立場を取り戻すことです

  (2001年1月22日のみ言)

メシアとはどんなお方かと言うと、真の父母です。
(祝福家庭と理想天国第3節真の父母と真の子女622ページ)

真の父と共に、真の母がいなければならない。

(原理講論 第七章キリスト論 第四節 重生論と三位一体論)

メシアは人類の真の父母として来られなければならない。

(原理講論 後編 緒論)

私(文鮮明師)と韓鶴子女史は、
   人類の真の父母であり、救世主・再臨主であり、メシアであると宣布します

  (1992年8月24日 第一回世界文化体育大典 合同晩餐会)



お母さまがお父様に代わって、メシアになろうとしているのではなく、
すでに、お父様も お母さまも、2人がメシアである。













サンクチュアリ教会&分派の★み言 改ざん&抜粋集★うそ&勘違い集

アベル女性UN大会 文鮮明師のみ言の恣意的な抜粋

 サンクチュアリ教会の特徴

サンクチュアリ教会の迷惑行為・祝福結婚詐欺?

サンクチュアリ教会が認めたくない・訓読したくないお父様のみ言の数々

3日行事&サンクチュアリ教会&ルポライター米本和広さんのブログ

430双 氏族メシア勝利者 60家庭出現 

天聖経 直さないといけないところが多い。(文鮮明先生み言選集610巻278ページ)2009年4月27日の訓読会

真のお母様が地獄に落ちるなら、お父様も地獄? 楽園?

ブログの嘘 

2007年5月11日  真のお父様が「お母様は 2013年6月16日までに自身を完成させなければならない。」とおっしゃった。
という嘘


サンクチュアリ教会が大騒ぎして論説したこと

清平での解怨が再開され、誰が一番得をするのか?。



クリックしてくれると嬉しいです!
↓↓↓


にほんブログ村

cl3.gif



家庭連合 (統一教会) お勧めサイト
ご訪問ありがとうございます。☆(●´▽`●)☆
クリックしてくれると嬉しいです↓↓↓↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


カテゴリ
サンクチュアリ教会


プロフィール
神様が大好きです。 
教会に行くと神様を近く感じます。
6500双の祝福家庭です。
主人が二世中高生部のお手伝いをしているため、中高生部の記事も時々書きます。

最新記事
月別アーカイブ
ブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
OUTポイント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
家庭連合 NEWS RSS
拉致監禁 NEWS RSS
統一教会平和奉仕ボランティア隊
中和新聞NEWS RSS
familyforum RSS
世界平和統一家庭連合ツイッター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR